複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?(銀行対策)

2018-05-16

複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?(銀行対策)

中小企業や個人事業主が、上手に融資取引ができるように支援している、銀行対策.comの渕本です。

この時期になると、融資取引銀行から、借り入れや預金状況について、

・金融機関取引一覧表

という、資料の提出を求められます。

今まで、ひとつの金融機関からしか、借入が無かった企業の社長さんが、

・他の銀行からも借入をしても、大丈夫ですか?

とか、

・融資取引銀行を増やすと、今の銀行が、嫌がりませんか?

と不安になって、相談されるケースがあります。

今回の社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、

複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?
(第145回:2018年5月15日号)

元銀行融資審査課長で、金融機関の内情に精通した、銀行対策コンサルタントが、解説しました。

【 今回のメルマガで、得られる効果 】

銀行がチェックする金融機関取引一覧表のポイントが分かり、今後、円滑な融資取引をすることに、役立ちます。

⇒ 登録初月は、無料で購読できる、融資審査の本音塾の登録は、こちら

※2018年5月末までに、新規購読登録をすると、自動配信されます。

※2018年6月以降は、バックナンバーとしてご請求が可能

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧、ご請求は、こちら

スポンサーリンク

複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?:目次

1.金融機関取引一覧表は、銀行に提出しないといけないのか?

2.銀行は、なぜ、金融機関取引一覧表の提出を求めるのか?

3.複数の銀行から借入があると、マイナス評価になりますか?

・上手に銀行対策をして、資金繰りを安定させたい
・貸し渋りや貸しはがしをされることなく、借入をしたい

という、中小企業の社長さんや個人事業主の方に役立つメルマガなので、是非、参考にしてくださいね。

社長のための銀行取引対策・資金繰り改善「融資審査の本音」塾は、中小企業診断士や税理士の方なども、顧問先へのアドバイスに役立てるために、購読されているメルマガです。

⇒ 登録初月は、無料で購読できる、融資審査の本音塾の登録は、こちら

※2018年5月末までに、新規購読登録をすると、自動配信されます。

※2018年6月以降は、バックナンバーとしてご請求が可能

⇒ 融資審査の本音塾のバックナンバーの一覧、ご請求は、こちら

融資審査に役立つ資料

本当に役立つ銀行対策を知りたい方は、今すぐ!ご相談を!

==========================

銀行対策com(株式会社FPコンサルタント)
渕本 吉貴

☆都内MTGルーム☆
東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階
銀座アントレサロン1号館

☆横浜MTGルーム☆
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階
横浜アントレサロン

Tel.03-3226-7272 Fax.03-3226-6201

時間外連絡先:090-3216-1068

http://www.ginkotaisaku.com/

==========================

▼ Facebookページに「いいね!」をお願いします!
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

 

Copyright(c) 2012-2018 FP Consultant Co..Ltd. All Rights Reserved.