設備資金の借入後に、実際の必要金額を下回ったら、どうなるのか

2018-03-14

設備資金の借入後に、実際の必要金額を下回ったら、どうなるのか

中小企業や個人事業主の銀行借入を支援している、銀行対策.comの渕本です。

銀行対策.comでは、素朴な銀行融資への疑問にも、丁寧に回答しています。

スポンサーリンク


今回は、銀行対策.comに寄せられた質問で、

・設備資金で業者に多めに見積もりしてもらって、安く仕上げて、余った、お金は、運転資金として使えば良いんですよ

・運転資金の借入は、面倒だから、設備資金で融資を申込みましょう

と、他のコンサルタントから、資金調達のアドバイスを受けましたが、本当に、このようなことをしても、大丈夫なのでしょうか?

というものへの回答となります。

設備資金の借入後に、実際の必要金額を下回ったら、どうなるのか

銀行対策.comの無料メルマガ・バックナンバーで、解説していますので、下記より、ご請求ください。

⇒ 設備資金の借入後に、実際の必要金額を下回ったら、どうなるのか(2014年7月25日号)のご請求は、こちら

⇒ 融資取引対策コンサルのメルマガ・バックナンバー一覧は、こちら!

無料の銀行借入マニュアルのご請求は、下記から、お願いします。
請求ボタン

運転資金や設備資金の借入でお困りの方は、下記より、ご相談ください!

==========================

銀行対策com(株式会社FPコンサルタント)
渕本 吉貴

☆都内MTGルーム☆
東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階
銀座アントレサロン1号館

☆横浜MTGルーム☆
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階
横浜アントレサロン

Tel.03-3226-7272 Fax.03-3226-6201

時間外連絡先:090-3216-1068

http://www.ginkotaisaku.com/

==========================

▼ Facebookページに「いいね!」をお願いします!
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

 

Copyright(c) 2012-2018 FP Consultant Co..Ltd. All Rights Reserved.