経営改善計画書での経費削減策は、実現性がありますか?

2014-07-05

経営改善計画書での経費削減策は、実現性がありますか?

元銀行融資審査役職者である、経営改善・事業再生コンサルタントの渕本です。

資金繰りが厳しく、新規融資が受けられない場合は、

■ 返済猶予(リスケ)による、資金繰り改善

を、早めに検討してくださいね。

中小企業の銀行融資での悩み

スポンサーリンク


返済猶予(リスケ)を融資取引銀行へ協力要請をする場合に、経営改善計画書を作成するのですが。。。

無理な経費削減策を書いているケースを見かけます。

経営改善計画書は、合理的・実現可能性の高いものであることが必要です。

したがって、

・現在の商品の販売体制を維持できる範囲

・提供しているサービスの品質を落とさない範囲

など、お客様に迷惑をかけない範囲内で、経費削減ができるか?

しっかりとチェックして、経費削減をどの程度するのかを判断してください。

経費を、一律5%削減するというような、ザックリとした経営改善計画書は、作成しないようにしてくださいね!

経営改善計画書

▼ Facebookページに「いいね!」をお願いします!
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

==========================

銀行対策com(株式会社FPコンサルタント)
渕本 吉貴

☆都内MTGルーム☆
東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階
銀座アントレサロン1号館

☆横浜MTGルーム☆
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階
横浜アントレサロン

Tel.03-3226-7272 Fax.03-3226-6201

時間外連絡先:090-3216-1068

http://www.ginkotaisaku.com/

==========================

 

Copyright(c) 2012-2022 FP Consultant Co..Ltd. All Rights Reserved.