少額でも返済を開始したら、経営改善計画は、必要なくなる!?(事業再生コンサル)

2013-10-11

元銀行員の経営改善・事業再生コンサルタントの渕本です。

現在、返済猶予(リスケ)をされて、事業再生を図っている、社長さんからのお問合せです。

■ 返済猶予(リスケ)で、利息のみの支払から、少額返済を開始する

■ しかし、銀行から、引き続き、経営改善計画の提出を求められた

■ 少額とは言え、返済を再開したから、経営改善計画書は、必要ないのでは?

*ブログでは、銀行=信金や政府系金融機関なども含めた、総称として記載しています。

返済猶予(リスケ)・条件変更の卒業基準

スポンサーリンク

経営改善計画書は、通常返済へ戻るまで、必要であると考えられます。

今回、返済猶予(リスケ)で、利息のみの支払から、少額返済へ移行したと言っても、借入返済が、正常化したわけでは、ありません。

したがって、未だ、返済猶予(リスケ)中で、事業再生の途上にあるのです。

銀行が、経営改善計画書の提出を求めるのは、仕方ありません。

■ 返済猶予(リスケ)・条件変更前の借入返済条件に、戻ること

これが、返済猶予(リスケ)・条件変更の卒業基準の、ひとつの目安と考えられます。

引き続き、経営改善計画書を作成して、銀行へ報告していくようにしてください。

無料!経営改善計画書の雛形をご提供中】
経営改善計画書

[PR] 倒産寸前から復活「事業再生マニュアル」 

▼ Facebookページに「いいね!」をお願いします!
銀行融資取引対策・資金繰り改善コンサルタントのFacebookページ

==========================

銀行対策com(株式会社FPコンサルタント)
渕本 吉貴

☆都内MTGルーム☆
東京都中央区銀座7丁目13番5号 NREG銀座ビル1階
銀座アントレサロン1号館

☆横浜MTGルーム☆
神奈川県横浜市西区北幸1丁目11番1号 水信ビル7階
横浜アントレサロン

Tel.03-3226-7272 Fax.03-3226-6201

時間外連絡先:090-3216-1068

http://www.ginkotaisaku.com/

==========================

 

Copyright(c) 2012-2020 FP Consultant Co..Ltd. All Rights Reserved.